小林 英祐

Sales 小林 英祐 ANDPADの成長と
自身の成長はイコール

稼ぐ喜び以上の‟喜び”を感じる為に

前職では、建築・建設業界とは無縁の、広告代理店で勤務をしていました。
そんな中で、アンドパッドのことを紹介で知り、業界の未来や課題、アンドパッドの目指すミッション、そして自分が出来ることを具体化できたことで入社を決意。

ただ、転職をするか悩んだことも事実です。
前職も同じインサイドセールスでしたが、当時の会社で貢献できていたという自負もあったので、このまま進んでいけば…といった安定の道が頭をよぎりました。

しかし、どんなに数字を取ってきても「お金を稼いでいる」という実感が強く、「社会に貢献している」という誇りが持てないことに憤りを感じていました。
アンドパッドのミッション実現と自社プロダクトを活用したクライアント様の業務の変化を目の当たりにできることは、自分にとって欠けていたピースを埋めてくれる環境だと感じ、アンドパッドへのジョインすることにしました。

小林 英祐

圧倒的な1位であり続けたい

僕は、ANDPADがこの業界で圧倒的にシェアされることで建築・建設業界の「働く」を「幸せ」にすることが実現出来ると確信しています。
その為にも、僕たちは「圧倒的な1位」であり続けなければならない。
業界の方々を幸せにする為に、1位であることにこだわり続けたいですし、そうしなければならないと思っています。

その為には、各社員が業界に真剣に向き合い「ANDPADで何が解決できるだろう」という視点を持ち続け、チームの壁を打ち破って行動していかなければなりません。

与えられた業務をこなすことは大切ですが、それだけではANDPADも自身も成長できません。
だからこそ、自分で考え行動出来るアンドパッドの環境にはやりがいを感じますし、これからも圧倒的な1位を突き抜けられるように、部門をまたいで一丸となり業界課題に向き合い続けたいと考えています。

小林 英祐

‟なくてはならない”特別な存在に

今後は、会社に限らず、家族や友人なども含め、本当の意味で必要とされる特別な存在になっていきたいですね。様々な目標はありますが、これが最終的な着地点だと考えています。

そうなる為に、いまは6つのポイントを意識して行動しています。

・相手の立場になって考え行動する
・相手の良い部分も悪い部分も認め、受け止める
・変化に敏感になり、人とコミュニケーションをとる
・人に常に興味をもって接する
・人を笑顔にする、笑顔が生まれる場を心がける
・困ったことは抑えずに人に相談、話す

簡単に聞こえるかもしれませんが、どんな状態であっても、同じように行動できるようにならなければなりません。

今はまだ難しくとも、ANDPADと同じくらい多くの人々に「無くてはならない存在」と思ってもらえるように努力していきたいと思っています。

INSIDE SALES

インサイド・セールス

JOB DETAILS